みちすけ  ミチスケ  mitisuke

  

【(満ち透け)】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

『ひとのおもても たのしむに みちすけのうた』ホ7

 
「みちすけ」は「みちすく」の名詞化。
これは「みつ(満つ)」+「すく(優ぐ・透く)」の連結。
両語ともここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

類語:「ゆきすき(活き優き)」「ゆきすく(行き優く)」「かすか(春日)」「やさか(弥栄)

  

09/12/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】