ゆきすき  ユキスキ  yukisuki

  

【(結き挿き)】
1.纏ること。 =まつり(纏り)

『たふときひとの ことうまる なれとゆきすき たまゆらそ』ホ13

2.直し調えること。

『かとはくしとよ いわまとの かみのゆきすき すきとほる』ミ8

 
ゆきすく(結き挿く)」の名詞化。
「ゆきすく」は
ゆく(結く)」と同義語「すく(結く・挿く・直く)」の連結。
ここでは「A: 合う/合わす・収まる/収める・纏る・調う・直る・直ぐである」などの意。

 
 

【(結き挿き)・悠紀主基】
天の神(アメトコタチ) と 地の神(地の十一神) の纏り。

『にしこりは ゆきすきみやの おおなめの ゑのときのはそ』ホ23
『みつほには にはりのためし ゆきすきの ををんまつりの おおなめゑ』ホ26

 
あゆき(天幸)」+「わすき(地優)」の短縮。
ををん」に掛かる。

  

10/03/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】