みちのく  ミチノク  mitinoku

  

【(満熟・道奥)・陸奥】
熟して満ちたさま。極み。極意。真髄。精髄。中心。主。

『むかしみちのく つくさねは ここにまつとて さつけまし』ホ6
『ここりのいもと むすはせて やまのみちのく さつけます』ホ15
『みつのたからの そのひとつ あめなるふみの みちのくそこれ』ホ23
『そのあちお とくとゑされは みちのくお ゆきたかふかと おそるのみなり』ミ序
『あまてらす かみよりさつく みちのくの ふみうやまいて ともにささけつ』ミ序

全部見る 

 ●<人名> ヒタカミの国主。

ひたかみの みちのくしまつ みちひこと くにつこゐたり』ホ39
みちのくかとに いてむかえ みちのくいわく いまなんち』ホ39
みちのくおよひ みなふして まつろひくれは やまとたけ みちのくゆるし』ホ39
『なこそより きたはみちのく くにのかみ もかたのはつほ ささけしむ』ホ39

 ●<地名>「ひたかみみちのく」が帰順した後の「ひたかみ」の新国名。

みちのくよりは きかねとを くまそやももて たてまつる』ホ39

 
[1]
みつ(満つ)」と同義語「のく(熟く・仰く)」の合成「みちのく」の名詞化。

ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。
[2]
みちのおく(道の奥)」の音便短縮。

類語:「みちのおく(道の奥)」「おくのり(奥法)」「みつ(瑞・蜜・密)

  

10/02/09

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】