みつかき  ミツカキ  mitukaki

  

【(密限)・瑞垣・瑞籬】
(四方を)囲んで仕切るもの。

みつかきお としよつにわけ とはとふか ひかたにこかと』ホ21
みつかきお なおすたくみら うつろゐの やしろきあれは おそるるお』ホ21
『かもあみすてて ゆきいたる そをはてかみの みつかきや うてなかかやく』ホ25

 
みつ(密)」と同義語「かき(垣・限・画)」の連結。

類語:「みかき(御垣)

 
 

【瑞籬】
正の方向に離れる区画。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」区画

『みほなつき しきみつかきに にいみやこ』ホ33

 ●<地名>磯城の瑞籬宮。またその主である崇神天皇。

みつかきの とほなのそなか こしのをし おおひこかえり もふさくは』ホ34
みつかきの ゐそやほはつき みゆきして けゐおおかみに もふてます』ホ34
みつかきの みそこひほこは はりまより いたるししあわ』ホ35
みつかきの みそこやよみか みことのり けくにのおとと たけみくら』ホ36

 
みつ(瑞)」+「かき(限・画)

  

10/01/06

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】