みつはめ  ミツハメ  mituhame
みつは  ミツハ  mituha

  

【(水侍・水侍姫)・罔象女神】
水を守る者/女神。

『やかれてまさに おわるまに うむつちのかみ はにやすと みつみつはめそ』ホ5
『いやたけいかり ほはなふく かみみつはめお まねくとき』ホ8
『みつのなは かくつちのかみ よつのなは みつはめのかみ』ホ22
みつはめのかみ あらはれは ゐてのしみつお いさきよく』ホ22
『なるかみお わけてしつむる かくつちと みつはめおうむ』ホ24
『ややみかに わけつちのねの みつはめの やしろにやすむ』ホ26
『にしよりみなみ やまこえて みつはのみやに おひつきて』ホ26
『はてかみのこの とよたまと みつはめとふね つくるかみ むつふなたまそ』ホ27

 
みつ(水)」+「はめ(侍女)
「はめ」は「はむ(侍む)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・守る・治める」などの意。

うひ(水と埴)」は陰の属性なので「みつはめ」と「はにやす」は女神なのである。

  

09/11/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】