きさ  キサ  kisa

  

【刻】
わかち。きれ。わかれ。分割。ギザギザ。折れ曲るさま。

『せおりつひめの みやひには きみもきさはし ふみおりて』ホ6

 ●きさら(刻更)きさらき(刻更月・如月)の略。

『こそほきさはひ みことのり かくおもとめに たしまもり』ホ37

 
きす(離す・刻す)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる/離す・分れる/分ける・折る・曲る」などの意。

変態:「きた(段)」「くす(屑)」「きす(傷)」
類語:「つた(寸)
派生語:「きさはし(階)

 
 

【東南】
東南の方向。

『つはにしのうみ つさきよみ さはしひれうみ きさはすと』ホ24
『かえりおとろき つまにとふ いわくおとめは きさにさる』ホ34
きさおのそみて おもひやり かたみのうたみ とりいたしみて』ホ39
『あしろのゆうお きさにたて きしろのゆうお つねにたて』ミ8
『みはきさにすむ そのめふり をかみしりそく はつしくれ』ミ9 

 
き(東)」+「さ(南)

 
 

【奇・貴・気障・象】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

きす(奇す・貴す・上す・高す・明す・超す)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

 
 

【(屈・曲・朽・腐・臭)】
1.反り。それ。外れ。曲り。ねじれ。歪。
2.負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」さま

『ものゐさは おころのかめる はおあかめ ゐもあらためて きさおいさめよ』フもゐさ

 
きす(屈す・朽す・腐す)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・反る・曲る」、また「E: 負の方向(小・少・低・端・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」などの意。

変態:「くせ(曲)」「きす(傷)」「くた(朽・腐・芥)」「くち(朽ち)」「くす(屑)かす(滓)」「くそ(糞)」

  

11/06/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】