くち  クチ  kuti

  

【口・(方)】
1.開き。割れ目。出入り・行き来する所。
2.分割したものの一。区分。区画。 =かた(方)て(手)

『あめのかみよの ななよめお つくいとくちは』ホ2
『ささけはとこよ ゐのくちの すくなみかみの たけかふに』ホ2
『かなさきうけて せめくちの もろにさつけて ましなえは』ホ8
『くににむかえは つきおけの くちよりよねの いゐかしく』ホ15
『みとしはる おおみなくちと おおやくち ともにすくねと』ホ32

全部見る 

 
くつ(割つ)」の名詞化。
ここでは「B: 離す・分ける・区切る・開ける」などの意。

変態:「かと(門・角)」「かた(方)

  
 

【朽】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

くちめかつりも よしなしや あかめひとりは めなしあみ』ホ25
『こたえていなや くちいとお かえてかすはす しれはさち』ホ25
『まみゆおり もかなとすてて くちきかわ のほりやまこえ』ホ26

 ●劣った魚。 イシモチ(ぐち) or ボラ(くちめ)

『めなしあみ よもひれとれは おおたいか くちおかみさき まえによる』ホ25
『あかめはくちに もとちゑて たいおいけすに まつへしと』ホ25
『ゆめにたいきて われうおの よしなきために くちささく われはみけにと』ホ25
『みつやまの たいはこれなり くちはいむ あかめおほめて よとひめと』ホ25

 
くつ(朽つ)」の名詞化。

  

09/12/30

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】