くつ  クツ  kutu

  

【(交つ・和つ)】
A: 合う/合わす。結ぶ。生む。実る。

変態:「かつ(糅つ)」「かす(和す・浸す)」「きす(着す)」「けす(着す)」「こす(居す・扈す・錮す)
派生語:「くつわ(轡)」「くつはみ(轡)」「くっつく」「くた(果)

 
  

【(離つ・割つ・消つ)】
B: 離れる/離す。分ける。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「かつ(割つ)」「かす(離す)」「けす(消す)」「こす(濾す・掘ず・越す)
派生語:「くち(口)

 
 

【(搗つ・貸つ・帰つ・遣つ)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。

変態:「かつ(搗つ)」「かす(貸す・仮す)」「きす(帰す)」「こす(遣す)
派生語:「くた(管)

 
 

【(鍛つ・屹つ・上つ・高つ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「かつ(勝つ)」「かす(活す)」「きつ(屹つ・鍛つ)」「くす(奇す)」「けす(化す)」「こす(超す)

  
 

【朽つ・崩つ・(屈つ・腐つ)】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『なすゆえしらす あめのはお きるもおそれて くちんとす』ホ16
『かわかみの みつおかけひに はこはせと これもくつれは』ホ24

 
変態:「かす(臥す)」「くす(屈す)」「けつ(消つ)
派生語:「くたる(下る)」「くつる(崩る)」「くたす(下す)」「くた(朽・腐)」「あくた(芥)」「くたく(砕く)」「くつ(屑・沓)」

 
 

【屑】
負の方向に離れるさま/もの。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま/もの

くつおすてなて にふときお ならしもちゐん あめのこころそ』ホ17

 
「くつ(朽つ・崩つ)」の名詞化。

変態:「くす(屑)」「かす(滓)」「くそ(糞)」「くた(朽・腐・芥)」「くさ(臭・腐・瘡)

  
 

【沓・靴・履】
下に合わせるもの。履き物。

『かけろふのひの こえくにの たけいわたつは くつおあけホ25
『そのよそい あやにしききて たまかさり かむりはひくつ はらののり』ホ27

 
「くつ(朽つ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離す」で、「下げる・勢いを失わす・劣らす・縮小する・沈める・隅に置く・果てさす」などの意。

  

09/12/30

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】