テ  te

  

【出・立・照】出現。出立。発現。上昇。放射。

『あかきはひのて ひあふきの いたもてつくる あふきして』ホ1
『ことのりあれは かとてして みやつのみやに あるときに』ホ6
『やちみそき すみていとりの くるまお つくりかつらの むかいとて』ホ4
『すえはなもひこ ほおてみの いみなうつきね』ホ24
『めくりひらける ちおゑたり かとてのけゐそ かしはては』ホ27

全部見る 

【手・出】突き出たもの。差すもの。立つもの。突出。

『かみはにきてに うつつちの やれてとへらの はうちわや』ホ8
みてつから たまふみくさお うけたまゑ なおもおもゑよ たからもの』ホ11
てなへおさくる きたなきも みかけはひかる かみとなる』ホ13
『あまいのる このてかしはゆ おとおすく やとるおなかの みことなる』ホ14
『やすやすと さくらのははの みとりこお かつてにかけて いてやうません』ホ14

全部見る 

【手】みめ(手見)おし(押手)むすふて(結ぶ手)

『あめみをや おむすひて ふくうつほ きわなくめくり』ホ18
ウヰウヌ アウヌむすひて あまつくり』ホ18
ウヌアましりて ウハむすひ ウヒおくにたま』ホ18
のみたま こわによろこひ ウハお にわけて アイウエオホ18
『ひとなるみちは おもちひ そのもとはホ18

全部見る 

【璽】「おし(押手)」「みめ(手合)」の意。

『なかすねか きみのゆきより ははやてお あめにしめせは かんをして』ホ29

【手】(1)経糸8垂を「ひとて(1手)」とする。(2)矢二筋を1組として数える語。(1手は甲矢・乙矢の2筋)

『ゆふのはは たていとやもり をさよもは やそりひとよみ やりひとホ23
『ゑみしから かそにしきとは わしのはの とかりやもも たてまつる』ホ39
『みちのくよりは きかねとを くまそやもも たてまつる』ホ39

【手・方・処・県・人】「かた(方)」の転。 分割したものの一。区分。区画。方位。方法。(何かを)担う者。

『もしひときたり ことわけん あわねはきたよ あふはひてホ1
『むかつひめより このうたお みそめおまてに たたつませ』ホ1
『ひとのおもても たのしむに みちすけのうた』ホ7
『ふつぬしか てたておとえは かなさきの をきなこたゑて』ホ8
さすらても はたれもはなけ みつたらす かかんなすかも てたてつき』ホ8

全部見る 

【機・栲・幣・帯】「たふ(束ふ・留ふ)」から。=たえ

『なかつゑに まふつのかかみ しもにき かけゐのらんと』ホ7

【至・尊・照・瓊】正の方向に離れるさま。

『やちみそき すみていとりの くるまお つくりかつらの むかいとて』ホ4

【左 (右)】まて(真手) の「て」。 右あるいは左。

『たちはなひめと ほつみてし さくらねましお さきにやり』ホ39
『まちかてちかの とみふたり をとたちはなの くしとおひ』ホ39

【父】 =てて(父)

『さたのあれをさ あしなつち そをのてにつき やめうめと』ホ9
『ちちはちとの をしてなり』ホ16

【て】接続助詞。=つつ 「」の連用形から。

『あめかした やわしてめくる ひつきこそ はれてあかるき たみのたらなり』ホ7

【で】打消しの接続助詞。「ず(打消の助動詞)」+「て(接続助詞)」の合成。

『いよのふたなの をさまら つきよみやれは いふきあけ とのみやにたす』ホ6
『ひたりの かなさきも こたゑおしら うかかゑは』ホ8
『あめのおそれの みのかさも ぬかやすまん』ホ9
『あもにふる あかみのかさゆ しむのみき みちひはさま あらふるおそれ』ホ9
『しかれとほひは くにかみに へつらいこひて まとせまて かえことあらホ10

全部見る 

  

11/01/16

 

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】