かつて  カツテ  katute

  

【勝手】
1.使う手。利き手。

『やすやすと さくらのははの みとりこお かつてにかけて いてやうません』ホ14

2.適合する方法。扱い方。都合。

 
かつ(和つ・交つ)」+「て(手・方)
「かつ」はここでは「A: 合わす・仕わす・使う・適す」などの意。

 
 

【(割断)】
分離。分割。分娩。取り上げること。

『みうちにおれは ををんかみ をしてたまわる かつてかみホ10

 ●カツテ尊の略。

『つきこいのらは わかうたと こやねとこもり かつてみな』ホ14
『こもりまた これはかつてか よくしれり われかえるのち くたすへし』ホ16
『あかほしは かつてのおとと このゐたり』ホ20
『こやねして にはりにととめ かつてして うみへおのほる みゆきふれ』ホ24
かつてはいすも みゆもあく うかやのゆとは このはなの』ホ26

 
「かつつ」の名詞化。
「かつつ」は「かつ(割つ)」と同義語「つつ(
断つ・絶つ)」の合成。
ここでは「B: 離す・分ける」などの意。

 
 

【嘗て・曾て・都て】
1.先行して。過去において。
2.<打消の語を伴って> 決して〜ない。まったく〜ない。

『くにくにめくり まさかきの ふたゑみゑとゑ かつてなく』ホ28
『あるしとふ すすなえありや かつてなし ておむなしくす』ホ28

 
かつ(上つ・勝つ)」+「て(接続助詞)」
「かつ」はここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「先行する・至る」などの意。

変態:「きっと(屹度・急度)」「こてこて」「こってり」

  

09/12/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】