かしはて  カシハテ  kasihate

  

【(膳出)・膳・膳夫】
繁栄・幸運を開くこと。尊敬を表すこと。
 ●<その物実> 煮炊きした料理を出すこと/者。 御饗。祝の膳。

『めくりひらける ちおゑたり かとてのけゐそ かしはては』ホ27
かしはてによる うさこひめ たねこかつまと ちちにとひ つくしのをしと』ホ29
『くめかやの いすきよりひめ かしはてに みけすすむれは』ホ31
『へそきねか やまといけすに みあえなす めのいかしこめ かしはてに』ホ32
『ほつみにいたる いくはむら みけすすむひに かしはてへ みさらわすれる』ホ38
かしはてか うくはわすれり くにことは みさらおうくは ゐはもこれ』ホ38

 ●<転じて> 兵站。ロジスティクス。

『おおともたけひ したかえり ななつかはきお かしはてと』ホ39

 
かしは(活繁・膳)」+「て(出)
「かしは」は「上げ・尊敬・繁栄・祝」などの意。
「て」は「たす(出す)」の名詞化。

類語:「かしはてへ(膳出侍)」「かしはともへ(膳伴侍)」「みあえ(御饗)かとで(角出)

  

10/07/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】