にきて  ニキテ  nikite

  

【(和て・和栲)・和幣・幣・幣帛】
1.
(神に)心を合わすこと。人と神を結ぶこと。
2.1の物実として供える物。織物や紙など。

『なかつゑに まふつのかかみ しもにきて かけゐのらんと』ホ7
『よろきみほひこ ゆふはなに やいろにきての かみすすむ』ホ14
『あめのかたちは いわをやま ひつきもくにも はらこもり とはやゑにきてホ14
『かみはかしきの ゆふにきて あめなかぬしの かみまつる』ホ15
『やまとひめより これおつく きみよろこひて にきてなし』ホ36

全部見る 

 
「にきつ」の名詞化。 
「にきつ」は「にく(
和く)」と「きつ(交つ)」の合成。
ここでは「A: 合わす・結ぶ・添える・供える」などの意。

類語:「ゆふ(結・木綿)」「ぬさ(幣)」「みてくら(幣)」「とよはた(豊旗)」「みつき(貢)

 
 

【(和手)】
手を組み合わせること。 =たみめ(手見・手合)

『かみはにきてに うつつちの やれてとへらの はうちわや』ホ8

 
にき(和く)」+「て(手)

別名:「むすふて(結ぶ手)をして(押手)」「たみめ(手見め)てかしは(手柏)

  

11/05/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】