はな  ハナ  hana

  

【(餞・供・具)】
合せ。匹敵。添え。供え。
 ●語呂合せにより 「花」 を供える。

『をりつけの うはのしるしと はなをしお そゑてささくる ことのへのうた』ホ序
はなのそゑうた』ホ序
『よろきみほひこ ゆふはなに やいろにきての かみすすむ』ホ14
『たこのうらひと ふちのはな ささくるゆかり はらみゑて なおうむみうた』ホ32
『ふそひつき へてしはすもち うすはたに もちはななして ふたこうむ』ホ38

全部見る 

 
はぬ(和ぬ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・匹敵する/させる」の意。

関連語:「はなをし(餞押・花押)」「ゆふはな(斎餞)」「ゆな(斎餞)

 
 

【(放)・端・鼻・(起・木)】
1.離れ。放ち。派生。突出。初め。起り。
 ●端。端緒。派生。発芽。起源。 ●突起。鼻。 ●胴からの派出。頭と手足。 ●大地からの派出。木。

たちはなうゑて うむみこの たかみむすひお もろたたゆ』ホ2
『いさなみは ありまにおさむ はなとほの ときにまつりて』ホ5
『おけらおにはひ ささゆはな かんくらのとの かんかかり』ホ7
『いやたけいかり ほはなふく かみみつはめお まねくとき』ホ8
よそこのはなに このみなる あくりおゑんと もろをかむ』ホ14

全部見る 

2.連歌の第2織の織詰 (第39句) の名。「みそこ(三十九)」が引き出す。

『としおかさねて ねりなれて あれのりみそこ はなわさも』ホ191
『おりつめのつす みそこはな みのつめゐそこ つすさつめ』ホ39

 
はぬ(放ぬ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる/離す・放つ・発す・起る」などの意。

変態:「はた(端)」「はし(端)
派生語:「たちはな(橘)」「ささゆはな(笹湯花)」「ほはな(火花)

 
 

【(跳・栄・映・甚)・花・華】
正の方向に離れるさま。 浮上。盛り。繁栄。賑い。高み。至り。絶頂。

『しわかみの こころほつまと なるときは はなさくみよの はるやきぬらん』ホ序
にゑはなみなみ にゑしつむ』
ホ1
『そのおしくさは ぬはたまの はなはほのほの からすはの』ホ1
『にわにうゑおく みとせのち やよいのみかに はなもみもホ2
『わかよろこひの かとひらき しかはもふけの むねのはなホ16

全部見る 

 
はぬ(跳ぬ・栄ぬ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「はね(跳ね・羽)

 

植物の「はな」は現在と異り、「盛り・賑い・華やぎ」の意だけなく、「(大地から)放つもの」の意から、その植物(草・木)全体をも「はな」と呼んだようである。
連歌においては「はな」が「発生・起り・基礎」などの意を持つのに対し、「さつめ」は「成長発展」、「ふつめ」は「熟成」、「つくも」は「至り・完成」などの意を持つのではないかと思う。

  

10/05/28

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】