はね  ハネ  hane

  

【刎ね・跳ね・羽根・羽】
1.離れ。分れ。放出。派出。突出。
2.正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま
  ●正の方向に離すもの。「上げる・高める・浮かす・バタバタさせる」もの

はねさきみれは ふそよすち かすそなわれと つねあらす』ホ16
『ひたかみにつる たてまつる はねさきみれは ふそよなり』ホ16
『かれもろはねお よりたたし をつるおたてに めおよこに』ホ16
『うちあおたれて かせふくみ はねとなるとき とひこさす』ホ191
『きみはまた ふとたまかくに みことのり まこてるひこの はねのおみホ23
『かたちはやたみ くひはきみ かかみとつるき まてのはね もののへはあし』ホ30

 
はぬ(放ぬ/跳ぬ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる/離す・放つ・発す」、また「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「上げる・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・中心に置く・至らす」などの意。

変態:「うは(浮羽)」「はな(花・華・放・跳)」「ひね(陳・老成)」「ほね(骨)
類語:「つはさ(翼)

 
 

【刎ね】
往き来。回帰。返り。戻り。

はぬ(反ぬ・返ぬ)」の名詞化。
ここでは「C: 行き来する・回る・返る・戻る」などの意。

  

10/02/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】