ゆふはな  ユフハナ  yufuhana

  

【(斎餞)】
神を尊ぶ心を表す供え物。

『よろきみほひこ ゆふはなに やいろにきての かみすすむ』ホ14

 
ゆふ(斎)」+「はな(餞)
「ゆふ」は「
ゆふ(斎ふ)」の名詞化。ここでは「D: 上げる・崇める・敬う・尊ぶ」などの意。
「はな」はここでは「添え物・供え物」などの意。

類語:「にきて(和幣)」「みてくら(幣)」「ぬさ(幣)

  

10/06/14

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】