つくも  ツクモ  tukumo

  

【(尽極)・九十九】
至り。到達。完成。極まり。果て。終わり。
 ● 99。(極まりの数) =ここ
 ●<地名> 九十九。(陸の極まり)

『かんふさの つくもにつきて かとりみや かんことのれは』ホ20
つくもより いつのみさきに ほおあけて おきはしるめは』ホ20

 ● 連歌の第5織の織詰、即ち第99句。 大詰。
  こそこ(九十九)に引き出される。

『よのつめなそこ つすふつめ ゐのつめこそこ つすつくもホ39

 
つくむ(尽極む)」の名詞化。
「つくむ」は「つく(尽く)」と同義語「くむ(極む/朽む)」の合成。
ここでは「行き着く・至る・極まる・果てる」などの意。

連歌においては「はな」が「発生・起り・基礎」などの意を持つのに対し、「さつめ」は「発展」、「ふつめ」は「熟成」、「つくも」は「至り・完成」などの意を持つのではないかと思う。

変態:「つくま(尽極)
関連語:「つす」「はな」「さつめ」「ふつめ

  

10/02/13

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】