つくは  ツクハ  tukuha

  

【(付離)・筑波】
付くことと離れること。
積極・能動性と消極・受動性。
攻めと受け。ツッコミとボケ。
陽と陰の属性と挙動。

『みつるかくるの ふたうたお ひとつれにあむ つくはうたミ10
『もとつねの あむとやわしの つくはねお むすひまします あめみをや』ミ10
『いまふたかみも なそらゑて つくはのかみと たたゑたまひき』ミ10

 ●<地名> 筑波。付離の神である二尊に由来。

『けたつほの つさのつくはの いさみやに うなつきあみて いさなきと いさなみとなる』ホ2
『むかしふたかみ つくはにて みめくりとえは』ホ3
『このふたはしら うむとのは あまのはらみと つくはやま あはちつきすみ くまのなりけり』ホ3
つくはより うつりますひは をこぬしの ふそゐもののへ かしはなす』ホ21
『これにより たみおさまりて むよろとし つくはのみやに うつります』ホ21

全部見る 

 ●筑波の地を治める国守。=つくはうし(筑波治人)

つくははやまか そかひめは きのおしもそと』ホ6
『つきかとり かんきみおよひ かしまきみ つくはしほかま もろもます』
ホ13
つくはうし ほしおさるには みなすてて たのしみまつや』ホ13
『あまつまら かんみのやさこ あかまろは つくはそそのこ』ホ20

 
「つくふ」の名詞化。
「つくふ」は「つく(付く)」と反意語「くふ(蹴ふ)」の合成。

陰と陽は互いに引き合って合体する宿命にあるが、陽のストレートなアプローチ「攻め」に対して、陰はいったん「退き」の反応をとる。その後も陰は「付かず離れず」の態度で衝突を避け、ゆっくりと距離を縮めていき最終的に合体融合する。

 
変態:「つくま(付離)
類語:「そか(添離)」「あふはなる(合う離る)」「なるはなる(和る離る)」「あふうす(会う失す)」「つくはなる(付く離る)」「いみといひ(斎と忌)」「あむとやわし(編むと和し)」「みひき(水引)」「にこころ(和心)
関連語:「あめのみち(和の道)」「あめなるみち(陽陰和る道)」「いせのみち(妹背の道)」「ひつきのみち(日月の道)」「かみのみち(上下の道)

  

10/06/13

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】