やゑにきて  ヤヱニキテ  yawenikite

  

【八重和幣】
八色の和幣。八色の旗。
<タカマノハラ
の八隅際に立つという八色の和幣 (カーテン・オーロラのようなものか)を具現したもの>

『あめのかたちは いわをやま ひつきもくにも はらこもり とはやゑにきてホ14

 
やゑ(八重)」+「にきて(和幣)

類語:「やもとはた(八元幡)」「もともとのやいろはた(元元の八色幡)」「やいろのにきて(八色の和幣)」「やはた(八幡)」「やとよはた(八響幡)」「やはたのはなかさり(八幡の華飾り)」「いろして(色垂)

  

09/08/16

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】