かしきほこ  カシキホコ  kasikihoko

  

【畏祝・赤白黄祝】
尊崇の奉納品。 具体的には「赤白黄の織物」

『こほやよひ もちのよゆめに かみのつけ かしきほこたて かみまつれ』ホ33

 
かしき(畏/赤白黄)」+「ほこ(祝・斎)
「ほこ」は「ほく(祝く・秀く)」の名詞化。
ここでは「上げ物・祝いの品・奉納品」の意で、「ゆふ(斎)ゆふはな(斎餞)」と同じ。

別名:「かしきのゆふ(畏の斎・赤白黄の結)

  

11/04/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】