みつき  ミツキ  mituki

  

【貢】
(心身を)合わすこと/者。仕え。かしずき。供え。提供。
 ●供え。供え物。

『ゆはすたすえの みつきとめ たみにきはせて そろのとき』ホ34
『むそゐほふつき みまなくに そなかしちして みつきなす』ホ34
『みまなより そなかしちして みつきあけ はつみよいわふ』ホ35
『あふみつき くまそそむきて みつきせす おしてささけて みかりこふ』ホ38
『なつきみつきの ここなさき をほとしきくの ちりわたこ』ミ9

 ●神に仕えかしずくこと/者。 いつき(斎)みつえ(見仕え)ゐめ(斎侍)みめ(見侍)

『やまとめよしこ ことしそひ かみにみつきの みつえしろ』ホ36

 
みつく(貢ぐ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・添える・供える・仕える」などの意。

変態:「いつき(斎)」「やつこ(奴)」「いたく(慈)」「いたき(慈)
類語:「みつえ(見仕え)」「いわひ(斎・祝)」「うちのをみこ(内親王)」「みめ(見侍)
ゐめ(傅侍)とめ(留女)」「とへ(留侍)」「はめ(侍・侍女)」「ひめ(侍女)」「め(侍・姫)」「みつえしろ(御杖代)」「みやつかえ(宮仕え)

  

10/03/15

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】