みつえしろ  ミツエシロ  mituesiro

  

【(見仕知・貢領)・御杖代】
神の斎を執り行う者。神に敬いかしずく者。

『やまとめよしこ ことしそひ かみにみつきの みつえしろホ36
『くすこおかみの みつえしろ たけのみやゐに つつしみて つかえはんへる』ホ38

 
みつえ(見仕え/貢え)」+「しろ(知・領)
「みつえ」は「敬いかしずくこと・斎くこと」の意。
「しろ」はここでは「執り行う者・担当者・執行責任者」などの意。

類語:うちのをみこ(内親王)うちみこ(内親王)いつき(斎)」「やつこ(奴)」「みつき(貢)」「みめ(見侍)ゐめ(傅侍)」「とめ(留女)」「とへ(留侍)」「はめ(侍・侍女)」「ひめ(侍女)」「め(侍・姫)」「みつえ(見仕え)」「みやつかえ(宮仕え)

  

10/08/13

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】