みめ  ミメ  mime

  

【(見侍)】
かしずく侍女。

『ふたかみみめお みことのり かんみむすひの やそきねか もろとはかりて』ホ6
『ますひとか たみのさしみめ つまとなす』ホ7
『もろあかた ぬしらおほみけ ささけんと いつみめかやに そのつとえ』ホ38

 
みむ(見む)」+「め(侍・女)」の合成。
「みむ」はここでは「A: 合わす・侍る・仕える・世話する・かしずく」などの意。

類語:「ゐめ(傅侍)」「とめ(留女)」「とへ(留侍)」「はめ(侍・侍女)」「ひめ(侍女)」「め(侍・姫)」「みつえ(見仕え)」「みつき(貢)」「いつき(斎)」「みつえしろ(御杖代)」「みやつかえ(宮仕え)」「やつこ(奴)」「うましみかみ(和し厳み)

 
 

【御女・御姫】
女・姫の尊称。

『みたねうむ みはたおこえは こもりたも みめのいろせに ならひきと』ホ16

 
み(御)」+「め(女・姫)

 
 

【(見め・面・表・上)・見目】【(御面)】
1.有り様。表れ。見た目。外見。容姿。

『すえはみそふの たみめひこ もとなかすえの みくらあり』ホ14
『あなれくらわた しむねこゑ なりわみめかみ』ホ14
『あたたまる ときにとつけは こおはらみ いきすこえみめ そなえうむ』ホ14
『こつきみめこゑ そなわりて とつきくらいし』ホ16
『ひとのねこえは あなみかみ みそふのかみの みめかたちホ17

全部見る 

2.顔の尊称。

『をにふにいたり みこいたき みめみてなてて はははいま』ホ26

 
[1]
みむ(見む)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・在る・現る」などの意。
[2]
み(御・敬・上)」+「め(面・上・表)

変態:「おも(面・表)」「おめ(変り)」
類語:「みるめ(見る目)
派生語:「みめかたち(見目形)」「たみめ(外見目)

 
 

【三陰】
3つの陰エネルギー(陰気)。
気候を決定する陽陰エネルギーの割合が「1陽:3陰」であるさま。(エネルギーの枠は合計で4つ)
」と「」神が支配する季節にこの陽陰配分となる。陰暦11月中〜12月と8月中〜9月。

『ほつきなか みめにとくつき いものこの さわおいわいて』ミ7
『はつきなかより みめのとく にたこもちつき ゐもはつき』ミ9

 
み(三)」+「め(陰)

類語:「ひう・ひとを (一陽)
関連語:「ひめ(一陰)」「ふめ(ニ陰)」「うめ(大陰)」「ふう(ニ陽)」「みう(三陽)」「うを(大陽)

  

10/07/15

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】