さしめ  サシメ  sasime
さしみめ  サシミメ  sasimime

  

【(捧し侍)】【(捧し見侍)】<人名>
奉仕する侍女。

『ますひとか たみのさしみめ つまとなす』ホ7
『こくみいふ さしめはまこと わかつまよ きみさりますの おしてあり』ホ7
さしめささくる ゆかりにて ますひととなる みめくみの きみなりははよ』ホ7

 
さし(捧す)」+「め(侍)
さし(捧す)」+「みめ(見侍)
「さす」は「傘をさす」のそれで、ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・捧げる・奉公する」などの意。

類語:「まかたち(侍婢)
関連語:「ささく(捧ぐ)」「さしあく(差し上ぐ)」

  

11/01/10

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】