まつる  マツル  maturu

  

【纏る・政る・祭る】
A: 合わす。据える。まとめる。収(治)める。手当て・処置する。世話する。調える。続け連ねる。

『そこつつを つきなかつつを うわつつを これかなさきに まつらしむ』ホ5
『はにすきまつる かみはかり ふつぬしよしと みないえは』ホ10
『ふつぬしと みかつちつねに はんへりて まつりこともれ』ホ11
くにまつり みけなへもふす をもちきみ ともにたすけよ』ホ31
『なんちかまつり いさめすて おもねりきみお あなにする こころきたなし』ホ32

全部見る 

 ●神霊(日月・陽陰)を世に纏わす。神霊(日月・陽陰)に心を纏わす。 ※「祭る」の原義。

『はこくにのかみ ひたかみの たかまにまつる みなかぬし』ホ2
『たかまに あめみをや もともとあなみ みそふかみ まつれはたみの とよけかみ』ホ4
『ひさかたの ひかりあれます ういなめゑ あゆきわすきに つけまつりホ4
『いさなみは ありまにおさむ はなとほの ときにまつりて』ホ5
『このみはめして あさことに あめつちまつり たらちねに つかふみこころ』ホ16

全部見る 

 
まつ(交つ)」と同義語「つる(連る)」の合成。

変態:「まとふ(纏う)」「まとむ(纏む)」「まつむ(集む)」「むすふ(結ぶ)」「もつる(縺る)
類語:「つく(継ぐ)」「つらぬ(連ぬ)
派生語:「まつり(
纏り・政)」「はにすきまつる(埴直き纏る)

 
 

【服る・順る】
A: 合う/合わす。連れ添う。従い付く。治まる。

『さつさつすうた さるたみも つすにまつらて をゑにみたるさ』ホ33

 
まつ(交つ)」と同義語「つる(連る)」の合成。

派生語:「まつらふ(服ふ・順ふ)」「まつわる(纏わる)」「まとわる(纏はる)」「まとまる(纏まる)」

 
 

【祭る・(詣つる・全つる・満つる)】
D: 正の方向に離す。「上げる・敬う・尊ぶ・祝う・栄す」「発展させる・至らす」

『しりそきて かみおまつりて ひのままに おそははあたも やふれんと』ホ29
『かくやまの はにのひらての ひもろけに あめつちまつり のちうたん』ホ29
『あたねして わけつちやまの みをやかみ みかまつらせて あたおうつ』ホ29
『たねこくしたま まてにあり みけなへまつり もふすをみホ30
『こたえてわれは くにつかみ おおものぬしそ きみまつる ことしるしなし』ホ33

全部見る 

 
まつ(全つ)」と同義語「つる(吊る)」の合成。
後世「まつる」は「神と交わる」の意味から「神を崇める」の意味に変わっていった。

類語:「あかむ(崇む)いむ(斎む)」「いわふ(祝う・斎う)
派生語:「まつり(祭)」「ちまつる(幸祭る)

 
 

【纏る/奉る・献る】
A: 合わす。添える。供える。
D: 正の方向に離す。
「上げる・捧げる・奉納する・献上する・頂く」

『ひとなるのちに やよいみか みきつくりそめ たてまつるホ2
『ささきみそ とひゆふまつり からすつか やひやよいたみ もおつとむ』
ホ10
『はしらにまつる ゐくらのゐ としのりたまめ むわたのな』ホ21
『ねのくにの おほきのまつる かみのみけ ねしものすえの ゆみはりに』ホ38
『ゆみはりまつる みそのなは ぬゑあしもちか かさくさお』ミ9

 ● 他の動詞に付いて謙譲の意を添えることもある。

『おけはいかりて ひたしせす うちにつくれは とよひめに ひたしまつらしホ7
『いせにいたりて をんかみに あさゆふつかえ まつらしむ』ホ25

 
まつ(交つ/全つ)」と同義語「つる(連る/吊る)」の合成。

類語:「ささく(捧ぐ)」「すすむ(進む)
派生語:「たてまつる(奉る)

  

10/03/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】