うす  ウス  usu

  

【(和す・現す・打す・治す)】
A: 合う/合わす。収(治)まる/収(治)める。在る/現す。

変態:「あつ(当つ)」「うつ(打つ)」「おす(押す)」「ふす(付す)」「むす(生す・結す)」「ゆす(結す)
派生語:「うし(大人・氏)

 
 

【失す・(棄す・射す・逸す)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『このうたは のちのゑにしの あふうすの かもいとむすふ ひなふりはこれ』ホ10
『われはうた うたふのみとて きえうせぬ むなさわきして たちかえりけり』
ホ33
『あらしとこれと とつかんと おもひゆくまに ひめうせぬ』ホ34
『ぬかれぬたちに ゐいりねは やみやみふちに きえうせぬ よにうたふうた』ホ34
『のちにひらけは これうせぬ きよひこめして もしゆくや』
ホ37
『さきのくれ こたちみつから きたれとも そのあすのひに またうせぬ』ホ37

 
変態:「いす(逸す・濯す)」「うつ(棄つ)」「ふつ(棄つ)」「ゆす(濯す)」「わす(忘す)
派生語:「うす(射)」「うそ(嘘)

 
 

【(渦す・揺す)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。満ち引きする。舞う。

変態:「いす(揺す)」「おつ(復つ)」「ゆす(揺す)
派生語:「うす(渦)」「うすめ(鈿女)」「うしほ(潮)」「つうし(通じ)

 
 

【(上す・熟す・鬱す)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「あす(填す)」「ふす(悉す)」「むす(蒸す)
派生語:「うさ(宇佐)」「うるし(漆)

 
 

【(臥す・薄す・退す・卑す・憂す)・失す・倦ず】
E: 負の方向に離れる/離す。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『わかひこか むねにあたりて うせにしお かえしやおそる もとおりや』ホ10
『あるしとふ さくすすはたち のひいかん かれにうせたり これもあめ』ホ28
『はらみのやまの よきくさも ゐもとせまえに やけうせし』ホ32
『ふのねせは ぬすむたからも おとかわさ くるしくうせて ねせやふすらん』フふねせ

 
変態:「あす(褪す)」「いつ(凍つ)」「おつ(落つ)」「ふす(臥す)
わす(忘す)
派生語:「うし(憂し)」「うし(牛)」「うすし(薄し)

  
 

【(多少・上下・陽陰・男女)】【全・珍・(朕)】
1.多少。上下。陽陰・男女・木と実。
2.陽陰とその和合。 = 完全  = うす(珍・全・朕) = きみ(木実・君)

『そてひちて うすのにこころ またきとて なもうひちにと すひちかみ』ホ2
『これもうひにる ふることや おおきすくなき うすのなも』ホ2

 
う(多・上)」+「す(少・下)
「う」は「先に上って天となった陽」を表す。
「す」は「後に下り凝って地となった陰」を表す。
つまり「うす(多少・上下)」は「陽陰・男女」と同義。
「男+女」=「きみ(木実)」=「きみ(君)」=「うす(珍・全)」

君・天皇のことを「うす(珍)」「ちん(珍・朕)」というのは「ちに」の故事が根底にある。

類語:「きみ(木実・君)」「あめ(陽陰・和)」「あわ(陽陰・和)」「ひつき(日月)

 
 

【(頭・頂)・珍】【髻華・鈿】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま
 ●頂。頭。君。 ●髪に添える飾り。かんざし。

『けむひせは たたみこおもえ くのやまの しらかしかゑお うすにさせこのこ』ホ38

 
「うす(
上す・熟す)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「うつ(全)」「ゆつ(頂)」「いつ(至・厳)
類語:「うな(項)」「つ(頭)」「つふり・つむり(頭)」

  
 

【臼・舂・碓】
正の方向に離すもの。「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」もの
 ●練り熟すもの。

『そろのほつみの みけもまた うすつきしらけ』ホ15
『ふそひつき へてしはすもち うすはたに もちはななして ふたこうむ』ホ38

 
「うす(上す・熟す)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高める・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・至らす」などの意。

  
 

【(射)】
放ち。射出。突出。突起。
 ●
陰茎。ちんちん。

『あめつちと ひとほかまねく みつのあな うすたましまの かよひちや』ミ10

 
「うす(射す・棄す)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・放つ・出る」などの意。

類語:「はなくき(放茎)」「しち(指似)

 
 

【(揺・渦)】
回るさま。揺らすさま。舞。

うすめらに ひかけおたすき ちまきほこ』ホ7

 
「うす(揺す・渦す)」の名詞化。
ここでは「C: 回る/回す・行き来する/させる・揺れる/揺らす・舞う」などの意。

  

10/05/29

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】