うすのにこころ  ウスノニココロ  usunonikokoro

  

【(多少の和心・上下の和心)】
陽陰を和す心。陽陰和合の精神。

『そてひちて うすのにこころ またきとて なもうひちにと すひちかみ』ホ2

 
うす(上下・多少)」 の 「にこころ(和心)
「うす」は「先に上って天となった」と「後に下り凝って地となった」を表す。
「にこころ」は「和しの心・和合の精神」などの意。

類語:「あめなるみち(陽陰和る道)」「あめのみち(和の道)」「あめつちののり(天地の法)」「あまのり(陽陰法)」「あめのこころ(和の心)」「いせのみち(妹背の道)」「ひつきのみち(日月の道)」「かみのみち(上下の道)

  

15/08/18

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】