あめのこころ  アメノココロ  amenokokoro

  

【(陽陰の心・和の心)】
和しの心。両極端を中和する心。和合・調和の精神。陽陰和合の観点。

『くつおすてなて にふときお ならしもちゐん あめのこころそ』ホ17
あめのこころに みるはかみ はにとしはかみ このあちお ひとのみにしる』ホ17

 
あめ(陽陰・和)」 の 「こころ(心)

 
別名:「あめなるみち(陽陰和る道)」「あめのみち(陽陰の道)」「あわみち(陽陰道)」「あめのをしゑ(陽陰の教え)」「あめつちののり(天地の法)」「あまのり(陽陰法)」「いせのみち(妹背の道)」「ひつきのみち(日月の道)」「かみのみち(上下の道)」「とのち(調の道)」「まとみち(円道)」「やまとのみち(和の道)」「にのみち(和の道)」「とこよのみち(常世の道)」「みさのり(見さ法)ほつまのみち(和統の道)

  

12/11/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】