あめのり  アメノリ  amenori
あまのり  アマノリ  amanori
あめののり  アメノノリ  amenonori

  

【陽陰法・天地法・和法】
陽陰の法則。陰陽和合の法。 =あめなるみち(陽陰和る道)

『つねにおもえよ あまのりお ゑてみおをさめ たかやして』ホ17
『のにふして たれとかたらん おしむらく まみえぬことよ あめののりかな』
ホ40
『かみのよの よはきしそこれ きつもみな たせはまかれる あめのりそ』ホ40
『つりのをは きれはせぬそと みちひきお たつるあめのりホ40

 ● 和して恵る道。和して照らす道。

『いわくいかんそ くにのそむ あめのりなせは くにのかみ』ホ40

 
あめ(陽陰・天地・和)」+「のり(法)

別名:「あめなるみち(陽陰和る道)」「あめのみち(陽陰の道)」「あわみち(陽陰道)」「あめのをしゑ(陽陰の教え)」「あめつちののり(天地の法)」「いせのみち(妹背の道)」「ひつきのみち(日月の道)」「かみのみち(上下の道)」「とのち(調の道)」「まとみち(円道)」「やまとのみち(和の道)」「にのみち(和の道)」「とこよのみち(常世の道)」「あめのこころ(和の心)」「みさのり(見さ法)ほつまのみち(和統の道)

 
 

【天法】
御上(中央政府)が敷く法。天下の法。公法。

あめのりお たみひとくみか みたれても をさめくらねは はたおれす』ホ23

 
あめ(天・上)」+「のり(法)
「あめ」はここでは「上位・御上・公・中央政府」などの意。

 
 

【(陽陰の典)】
あめのみまこ(陽陰の御孫)の典。
ニニキネがホツマ国にあった時代に始められた儀式の作法。

あめののりもて おかませて まかりおこよみ あらためて』ホ31

 
あめ(陽陰)」 の 「のり(典・法)
「あめ」はここでは「あめのみまこ(陽陰の御孫)

類語:「ほつまのり(ホツマ法)」「にはりのためし(新治の例)」「はらためし(蓬莱例)」「はらののり(蓬莱の法)」「はらみのためし(蓬莱身の例)」「あめのみまこののり(陽陰の御孫の法)」「かみよのためし(上代の例)」「あめためし(陽陰例)

 
 

【陽陰宣・和宣】
陽陰の宣り。 =あわうた(陽陰歌)

あめのりの ことはのはなは あかはなま あたかくのほり』ミ10

 
あめ(陽陰・和)」+「のり(宣)

別名:「あわうた(陽陰歌)」「こえすき(声直ぎ)」「たたこと(直言)」「かみのと(神宣)」「あわのかみ(陽陰の神)

  

10/02/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】