ウ  u

  

【結・和】和。結。交。

『このゐつつ ましわりなれる かんひとは あうわあらわる みなかぬし』ミ6
『しかはその あうわはこゑの ゑなならん いやとよあうは ねおわけす』
ミ10

【陽・日・男】「うゆ(上ゆ・大ゆ)」の名詞化「うを(上・大・央・敬)」の短縮。 =
 正の方向に離れるさま。 うをせ(空火風)陽霊日霊明り

『しものなか ひうおまねけは かつめかみ かちおねにひき ひおむかふ』ミ7
『ひのなめは つさにいなさの はつひより ふうおやわせて』ミ7
『たのなめは みうのあおうけ きさらきの なかよりみうお めにやわせ』ミ7

【熟・鬱・大・多・上・敬・老・央・太】同上。正の方向に離れるさま。

『いよあわふたな おきみつこ つくしきひのこ さとうしまホ3
はおおいなり ひはひのわ るはひのちたま きはきねそ』ホ4
『ねなとやよひの もちよりそ うつきのもちに かえります』ホ6
うおろちか ほのほおはきて おとろかす かなさきしはし たちかえり』ホ8
『よりてななよの うなめこと たかきねやすの いまみやに』ホ10

全部見る 

【卯】同上。 また うつき(卯月)の略。

うかわかりやに みあえして あひまつなかた さるたひこ』ホ24
『やほよか たかはしいくひ みきつくり みわおおかみに たてまつる』
ホ33
『やほさみと よかたかはし むらいくひ うまさけつくり みわかみに』ホ33
すえふか をとみかしまと たたねこと たまかえしのり まつらしむ』ホ33
『おとはよも たみおをさむる よつきなり そこかつみゑ みことのり』ホ34

全部見る 

【湯】正の方向に離れるもの。暖かいもの。=ゆ

『うかやのゆとは このはなの しろきかにさく こはうのめホ26

【火】ウの母音。火を表す。

『あいえお うつほかせと みつはにの ましわりなれる みなかぬし』ホ18
『をかみのうたの そいのかす あのひひきの あまれるお』ミ10
『あはうつほ いはかせはほ えのみつと おのはにゐつね ましわりて』ミ10

【埋・海】「うみ」の略。

うなはらひかり あらはれて われあれはこそ なんちその』ホ27
『まかりかやくり うなところ かくいもかしら しむのより』
ミ7

【鵜・烏】同上。 暗。黒。夜。 =ぬゑ(鵺)・からす(鴉)

『しまつとりの おきつとり かもとふねなり』ホ5
『ふねはいにしゑ しまつひこ くちきにのれる うのとりの』ホ27
『しまつひこ なかれきにほす のはみて きおあみつらね いかたのり』ミ10

  

11/03/25

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】