たてまつる  タテマツル  tatematuru

  

【(立て纏る)・奉る】
 ●上げ供える。上に納める。献上する。奉納する。

『ほつまつたゑの よそあやお あみたてまつりホ序
『ひとなるのちに やよいみか みきつくりそめ たてまつる
ホ2
『あめのきと みはしらのみち たてまつるホ3
『あかひこくわに ひくいとお なつめかおりて うふきぬの みはたてまつるホ4
『おはひめか こゑねのくにに みはおりて たてまつるとき』ホ4

全部見る 

 ●高めて完成する。仕上げる。仕立てる。

『やそよろかみお つかさとり みまこおまもり たてまつれホ10
『これむかし いよにわたりて ししはむお つちきみとりて たてまつるホ40

 ●他の動詞に付いて謙譲の意を添える。=申し上げる・つかまつる

『ふかきこころお そゑゐれて あけたてまつる すえにをしてそ』ホ序
『いはとおなくる たちからを みてとりいたし たてまつるホ7
『やそよろかみお つかさとり みまこおまもり たてまつれホ10
『あまてらします ををんかみ ほきたてまつる のとなかに』ホ22
『みはえしめして あいかたり あらたにそめて ふたやより あけたてまつるホ40

全部見る 

 
たて(立つ)」+「まつる(纏る)」の連結。
「たつ」はここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・勝らす・至らす」などの意。
「まつる」はここでは「A: 合わす・添える・供える・結ぶ・完成する」などの意。

類語:あく(上ぐ)」「ささく(捧ぐ)」「すすむ(進む)」「まいらす(参らす)」「まいなふ(賂ふ)」「さしあく(差し上ぐ)」

  

12/03/25

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】