のほる  ノホル  nohoru

  

【上る・登る・昇る】
D: 正の方向に離れる。「上がる・勢い付く・栄る・進展する・熟成する・優れる・勝る・至る・実る」

『くにみたるれは たもあれて みつほのほらす まつしきお』ホ23
『なおゆたかにて そよろとし みつほのほれは たみやすく』ホ24
『はなにかよひの うぬのねは もとあかのほる おしてより みつにわかれて』ミ10

  ●高い位置に行く。上昇する。参上する。 ●(端・鄙から) 中・都に行く。

『をきなのいわく ひのいつる かしらはひかし たけのほるホ1
『いきおひは あめにのほりて をおかゑす あひわかみやに ととまりて』ホ6
『まとのをしえは のほるひの もとなるゆえに ひのもとや』ホ23
『みつみさき なもなみはやの みなとより やまあとかわお さかのほりホ29

全部見る 

 
のふ(伸ぶ)」と同義語「ほる(秀る)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・進展する・熟成する・優れる・勝る・至る・実る」などの意。

変態:「のひる(伸びる)」
類語:「あかる(上る)
派生語:「あのほる(上昇る)」「のほり(幟)

  

10/05/24

 

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】