カエリモフヅ

→ 語義
  

帰り詣づ (返り詣づ)。
「かえる」は「戻る」、「もふづ」は「上位者の所へ上がる」の意。
  

【帰り詣づ】カヘリマウヅ −広辞苑より−
帰参する。長らく他所に行っていた人が帰ってくる。いったん主家を去った武士が再び帰って仕える。
  

返りの 詣で物 ホツマツタヱの 四十文を 編み奉り 君が治の 末の例と ならんかと 畏れみながら つぼめ置く』
『悉く嘆きて "僕ら 返り詣でん 天民" と 命を乞えば カダマロが 皆 解き許し』8文

  

  

カエリモフデ・カエモフデ

→ 語義
  

返り詣で。返詣で。
「かえり」は「お返し・返礼」、「もふづ」は「上位者の所へ上がる」の意。
  

【返り詣で】カヘリマウデ −広辞苑より−
神仏にかけた願い事の叶った時、そのお礼参りをすること。願ほどき。
  

返りの 詣で物 ホツマツタヱの 四十文を 編み奉り 君が治の 末の例と ならんかと 畏れみながら つぼめ置く』
に申せば 自らに カセフの祭 なしませば やはり若やぎ 瑞穂成る 返り詣での 果実をも 自ら祭り』37文
『故 スミヨロシ 直り神 両羽の社 新に建て これ祭らしむ 返詣で38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】