よは  ヨハ  yoha

  

【(夜・宵)・夜半】
負の方向に離れるさま。 夜。

『うたかひに たひやおよはに たちいてて いせにかえます』ホ24
『はなたちはなか さつきまつ よはにうむこに みことのり』ホ37

 
よふ(弱ふ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・低・端・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「よひ(宵)」「ゆふ(夕)」「よる(夜)」「よみ(黄泉)」「よわ(弱)

  

09/10/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】