おもむろ  オモムロ  omomuro

  

【(骸・遺骸)】
空(から・あき)。空虚。実質の無きさま。
 ●(魂魄が)離れた入れ物。なきから(亡骸)。

『かるるにほいも ここなしそ おもむろすくに かんかたち』ホ15
『みことにまかせ おもむろお いささわけみや けゐのかみ』ホ27
『ひめはおもむろ みつはみや むかしなきさに ちかいして』ホ27
『ものぬしか たちにおわれは すすきしま おもむろおさめ たけふかみ』ホ28
『ふたやせに あててころしつ おもむろお ここにおさめて みこのかみ』ホ31
『なかつきの ふそかつみゑに おもむろお かしおにおくり』ホ31
『しもそよか あめたねこさる ももやそな おもむろおさむ みかさやま』ホ31
『かんなそか おもむろおくる つきたおか』ホ31
『あきおもむろお うねひやま みほとにおくる としななそなり』ホ31
『おくるみうえの おもむろお はかたのほらに おさむなり』ホ31
おもむろお たまてにおくり ゐたりおふ ともにおさめて あきつかみかな』ホ31
『むほなつきむか いほとみや おもむろおさむ むまさかや』ホ32
『むとせのち おもむろおさむ つるきしま なつきすえよか めともやむなり』ホ32
『めつきみか おもむろおさむ いささかそこれ』ホ32
『かんなそひかに おもむろお やまへにおくる』ホ34
『あにやまとひこ ねつきふか おもむろおくる つきさかに』ホ37
『ときにおもむろ なるいとり いつれはもろと みささきの みひつおみれは』ホ40

 
「おもむる」の名詞化。
「おもむる」は「おむ(放む)」と同義語「むる(放る)」の合成。
ここでは「B: 離れる・退く・空く」などの意。
また「おも(虚・洞)」+「むろ(空・室)

類語:「から(殻・骸・空)」「かはね(屍)」「きさり(帰更り)
派生語:「おもむろに(徐に)」

  

10/02/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】