おもふ  オモフ  omofu
をもふ  ヲモフ  womofu
おもゆ  オモユ  omoyu

  

【思う・想う・憶う・念う】
A: (心に)合わす・負う。意識する。気付く。考える。恋い慕う。

『うたみそめ おもひかねてそ すすむるお ついとりみれば』ホ1
おもえらく はしかけなくて むすふやは』ホ1
『みてつから たまふみくさお うけたまゑ なおもおもゑよ たからもの』
ホ11
ふしてをもえは こおさつく みちはめくみお かえすなり』ホ14
かねておもえは ますかかみ あおひとくさも すくとなる』ホ17

全部見る 

 
おむ(負む)」と同義語「もふ(守ふ)」の合成。
ここでは「A: 合わす・負う」の意。

変態:「おほゆ(覚ゆ)」「おおう(覆う)
類語:「おほす(思す)」「おもす(思す)
派生語:「おもえらく(思えらく)」「おもひ(思い)

 
 

【(重ふ・主ふ)】
D: 正の方向に離す。
 重んじる。尊ぶ。中心に置く。


『こすゑおもふに いましめの なけれはみたる』ホ13
『すゑおをもひて むつましく わさおつとむる いせのみちかな』ホ13
『おりしもに ひめのなけきは こおをもふ かせのともしひ』ホ16
『わさおおもはは くらしきて ゆきつもとりつ むそあゆみ』ホ192

全部見る 

 
おむ(上む)」と同義語「もふ(詣ふ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離す」で、「上げる・尊ぶ・勢い付ける・栄す・熟れさす・優れさす・中心に置く・至らす」などの意。

  

10/02/27

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】