はす  ハス  hasu

  

【(合す・和す・映す・生す・挟す)】
A: 合う/合わす。在る//現す。収(治)まる/収(治)める。匹敵する/させる。対応する/させる。

変態:「はつ(泊つ)」「ひつ(漬づ)」「ふす(付す)」「へす(圧す)」「ほす(欲す)」「ます(坐す)
派生語:「はし(橋・箸)」「はさむ(挟む)」「しはす(締す・師走)」「ゆはす(弓弭)」「めくはす(眴す)

 
 

【(離す・放す・発す・派す・外す)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。限る。そる/そらす。曲る/曲げる。
C: 回る/回す。往き来する/させる。配る。巡らす。恵む。

変態:「はつ(発つ)」「あす(褪す)」「ふつ(棄つ)」「うす(失す)
派生語:「はし(端・恥)」「はせいつ(生せ出つ)」「めくはす(巡はす)」「はしく(弾く)」「はしむ(始む)

 
 

【馳す・愛す・(栄す・覇す)】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・急ぐ・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」

『やすかわの やみにおとろく おもいかね たひまつにはせホ7
『てにとるときに ゆひやふれ まつはせかえり あめにつく』ホ8
『またいつのりは はせるとき しとなめくらお しきおひて はるひゆるめす』ホ191
『ひちよけの たれかわうはと なるゆえは はせゆくみちに』ホ191
『ひとぬきのをと こころゑは たとひはすれと のちおちす』ホ191

全部見る 

 
変態:「ひつ(秀つ)」「ふつ(悉つ)」「ほつ(秀つ)」「ます(増す)」「むす(蒸す)」「もす(燃す)
派生語:「はしる(走る)」「にきはす(賑わす)」「のはす(伸ばす)」「たかはし(高橋)」「いわす(斎す・祝す)

 
 

【(果す・蝕す)・破す】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」

変態:「ひす(非す)」「ふす(臥す)」「へす(減す)」「ほつ(没つ)
派生語:「はし(端・恥)

 
 

【筈】
(〜することが状況に)合うさま。釣合うさま。適当・当然であるさま。 =へき(可き)へら(可ら)

『みやいかり みちなくわれお なせのろふ ゑにはおとから のほるはすホ25
『こたえていなや くちいとお かえてかすはす しれはさち』ホ25

 
「はす(合す)」の名詞化。

 
 

【蓮】
A: 合わすもの。包むもの。覆うもの。
D: 正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

「はす(合す/栄す)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・包む・覆う」、また「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

 

10/07/14

 

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】