ゆはす  ユハス  yuhasu

  

【(弓和す)・弓弭】
1.(弓の弦を)結い合わす場所。弓の本体。弓幹。

『ちのりゐものり ひちにつけ ゆはすおふりて つるきもち』ホ7
『ときにたちまち ひさめふる こかねうのとり とひきたり ゆはすにとまる』ホ29

2.弓がもたらすもの。獲物。

ゆはすたすえの みつきとめ たみにきはせて そろのとき』ホ34

 
「ゆはす」の名詞化。
ゆふ(結う)」と同義語「はす(合す・和す)」の合成。
ここでは「A: 合わす・結ぶ・つなぐ」などの意。
ちなみに「ゆみ(弓)」は「ゆひ(結)」の変態。

  

10/06/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】