はしる  ハシル  hasiru

  

【走る・奔る】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・立つ・先立つ・急ぐ・至る」

『みめくりは ふつきいたれは みかはしり しわさらにきる』ホ16
『むまはうまれて ものしらす あたはしるとき のりおつそ』ホ191
『ほおあけて おきはしるめは おほそらお はるかにかけりホ20
『きもにこたえの かちはたし すそのはしりて おきつはま』ホ24
『のやまおはしる わさおえて あまなるみちに まつろはす』ホ39

<その結果として>
B: 離れる/離す。放つ。発す。飛び散る。発散する。

 
はす(馳す/発す)」と同義語「しる(鋭る/散る)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる/離す」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」、またその結果として「B: 離れる/離す・放つ・発す」などの意。

変態:「いさむ(勇む)」「ふすふ(燻ぶ)
派生語:「はしり(走り)」「はしら(走)」「はしら(柱)」「ほとはしる(迸る)」「とはしる(迸る)」

  

10/02/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】