はつかし  ハツカシ  hatukasi

  

【恥づかし】
極めて(世間の普通から)それる如し。世間体が悪い。

『わかかんはせも あえみえす はちはつかしく あめにこふ』ホ13
『はらはひに よそひなけれは とほそひく おとにねさめて はつかしや』ホ26
『たけのひめ ひとりかえせは はつかしく こしよりまかる おちくにそ』ホ36

 
はつく(恥尽く)」+「し(形容詞語尾)
「はつく」は「曲り極まる・至って外れる」などの意。

 
 

【(刃造仕/衣造仕)・泊橿】
候補1.武器としての刃物を作る者。
候補2.戦闘用の被服(兜・鎧)を作る者。

『このときに しとりへたてへ おほあなし ゆみやはつかし たまへかみ』ホ37

 
は(衣/刃)」+「つかし(造仕)
「は」は「刃」で刃物。あるいは「衣」で兜鎧の意か。

  

10/01/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】