ほつま  ホツマ  hotuma

  

【(和統)・秀真】
和。調和。円満。和し調えること。陽陰和るさま。直ぐなるさま。

ほつまつえゑおのふ』ホ序
『しわかみの こころほつまと なるときは はなさくみよの はるやきぬらん』
ホ序
『いそのはの まさこはよみて つくるとも ほつまのみちは いくよつきせし』ホ序
『ついにしわかみ ほつまなる』ホ序
『いたわりお しらねはかみは とりゐぬそ ほつまおなめて とりゐなりける』ホ21

全部見る 

 
ほつむ(和統む)」の名詞化。
「ほつむ」は「ほつ(和つ)」と同義語「つむ(統む・集む)」の合成。
ここでは「A: 合う・和す・調う・直る」などの意。

変態:「あつめ(集め)」むつみ(睦み)」「むすひ(結び)」「めつみ(愛つみ)」
類語:「やまと(和)」「まと(円)」「と(調)」「あめ(陽陰・和)」「あわ(陽陰・和)」「に(和)
しきしま(敷島)」「しか(志賀・滋賀)」「すのその(直の園)

 
 

【(秀立・東)・秀真】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

 ●成長。成熟。生育。育成。

『うけかみに いはふほなかと ゆつりはの ほつまあそひの みつほうた』ホ25

 ●(日が)上る所。東。東方。 またホツマ国の略。

『むかしこの くにとこたちの やくたりこ きくさおつとの ほつまくにホ4
『のほるほつまの をはしりの さかにゆきあふ をしかとは』ホ11
『かねてほつまと ひたかみの さかいにてまつ ふつぬしか』ホ11
『としへてのちに ににきねの みゆきほつまの にはりなる』ホ192

全部見る 

 
ほつむ(秀つむ)」の名詞化。
「ほつむ」は「ほつ(秀つ)」と同義語「つむ(立む・遂む)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「あつま(東)」「あたま(頭)」「ほつみ」「はつほ」「みつほ「はつみ(弾み・勢み)」
類語:「ひたかみ(日高み)」「ひたち(日立)」「ふつ(沸)」「ふと(太)」「やまは(熟果)

  

11/03/26

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】