さくなたり  サクナタリ  sakunatari

  

【(垂崩)・佐久那太理】
滝から崩れ落ちること。滝下り。 
せ(背・瀬)に掛かる。

『さくらうちかめ さくなたり せおりつほのこ さのすけに』ホ6
『あまてるかみは さくなたり はやかはのせに みそきして』ホ8
『きみはみそきの さくなたり はたれゐとふの たねおゑて』ホ9
『かみのもの いわにかかりて ひたひけは たきおちくたる さくなたりホ28

 
さく(垂・下)」+「なたり(崩)
「さく」はここでは「落下」の意で「たき(滝)」を表す。
「なたる」は「落ちる・下る」などの意。

「さくなたり」はアマテルが禊した際に滝から崩れ落ちたことに由来し、「せ(背・瀬)」に掛かる。

関連語:「たきつせ(滝つ背)」「ふみおる(踏み下る)」「せおり(背下り)」
 

さく‐なだり  −広辞苑より−
(「さく」は栄える、「なだり」はなだれの意か) 
激しく落ちて来るさま。
大祓詞「―に落ちたぎつ速川の瀬に」

  

10/06/02

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】