すす  スス  susu

  

【(添す・濯す・直す・清す)】
A: 合う/合わす。収(治)まる/収(治)める。直る/直す。

変態:「さす(止す・挿す・指す)」「しす(執す)」「そす(率す)
派生語:「すすく(濯ぐ)」「すせり(芹)」「すすな(菘)」「すすしろ(清白)

 
 

【(離す・濯す・棄す)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「しす(失す・辞す)」「すつ(棄つ)」「そす(濯す)
派生語:「すすく(濯ぐ)」「すせり(芹)」「すさ(疎・粗)

 
 

【(進す・繁す・騒す・荒す・鋭す・寿す)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「さす(誘す・捧す)」「しす(悉す)」「そす(過す)
派生語:「すさむ(荒む・進む・遊む)」「すすむ(進む)」「すし(鋭し)」「あすす(上鈴)」「いすす(至進)」「みすす(美寿)」「ゐそすす(至進・五十鈴)

 
 

【煤す・(垂す・退す・荒す)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

変態:「さつ(授つ)」「しつ(垂づ)」「しす(殺す・死す・弑す・叱す)」「そす(殺す・損ず・卒す)
派生語:「すそ(裾)」「すさむ(荒む・進む・遊む)」「すさ(疎・粗)

  
 

【進・鈴・寿・錫・篠】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・伸展成長する・栄る・熟れる」さま
 ●【進・鈴】6万年成長する木。=真榊  ●【鈴・寿】6万年。1鈴=1000枝=6万穂

『うゑつきは ふそひのすすの としすてに もふそよろなち ゐもふそに』ホ4
『ことしふそよの さくすすお ふそゐのすすに うゑかえて』ホ8
『ふそゐすす こそみゑとしの さあゑなつ かくゑしほみて』ホ10
『われみるすすき ちゑよたひ わかみもことし ふそよよろ』ホ15
ゐそすすの ちゑのはたとし あめかわる こよみまたとて ものぬしか』ホ28

全部見る 

 ●【進・鈴・齢・寿】進展。成長。熟成。年齢。永らえ。寿命。 =よはひ(齢)ほき(寿)

『しかれとちちは すすよそほ はははみそひほ あめのふし』ホ3
『こたえとく すすはまさかき ほすゑのひ としにきなかの むよろほき』ホ13
『いきのうち ほしおはなるる これはすすかそ』ホ13
『はたれまの たからあつめて すゑきゆる これすすくらそ』ホ13
『もとせより またよろにます これすすお むすふかみなり』ホ23

全部見る 

 ●【錫】延性・展性に富む金属。 

『やまにうつほの とほりなる あらかねのあわ すすなまり』ホ15

 ●【篠・薄】繁茂するもの。
 

「すす(進す・寿す)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・伸展成長する・栄る・熟れる」などの意。

変態:「じゅず(数珠)」「ささ(笹・篠)
類語:「まさかき(真榊・真賢木)

 
 
 
【煤・薄・(小々・細々・末々・下々・隅々)】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま
 ●【煤】くす(屑)かす(滓)。 ●【小々・細々・末々・下々・隅々】小さいもの。細いもの。切れ端。末端。

『あめにつくれは ををんかみ たまふかたすす わらひなわ』ホ8
『もすそのくすに やふるゆえ すすくすもちい これおたす』ホ28
『へのつるの すすにうるほす をうなむち みやもふくしも つくみしのはな』フへつる

 
「すす(煤す)」の名詞化。

【篶・篠】スズ −広辞苑より−
1.細い竹。小竹。すずだけ。
2.細いたけのこ。すずのこ。

変態:「そし(外・疎)すそ(裾)」「そさ(疎)」「そと(外)」「そて(袖)」「さと(里)」「さた(佐太)」「した(下)

  

10/06/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】