しつ  シツ  situ

  

【(親つ・慕つ・添つ)】【(執つ・領つ・占つ・締つ・統つ】
A: 合う/合わす。まとまる/まとめる。治まる/治める。似る/似せる。匹敵する/させる。

『かんかしひめは ひとのかみ みつかひききて しつやまの さかきおぬきて』ホ38

 
変態:「さす(挿す・差す)」「つつ(伝つ)」「たす(治す・足す)」「とつ(綴つ・閉つ)
派生語:「したてる(仕立てる)」「したふ(慕う)」「しつむ(鎮む)」「したし(親し)」「したかふ(従う)」「しとむ(仕留む)」「したつ(親つ)」「しつく(仕付く)」「した(親・慕)

 
 

【(離つ・放つ・散つ・棄つ・失つ)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「すつ(棄つ)」「しす(失す)」「たつ(断つ)」「たす(出す)」「とす(吐す)
派生語:
した(舌)」「しち(指似)

  
 

【(騒つ・咲つ・栄つ・繁つ・聳つ)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「そす(過す)」「たす(達す)

 
 

【垂つ・(静つ・沈つ)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

たまもしつ いつもまつらは まくさまし』ホ34
『みからぬし たにみくくりみ たましつか うましみかみは みからぬしやも』ホ34

 
変態:「そす(殺す)
派生語:「した(下)
しつく(沈く)」「しつむ(沈む)」「したる(垂る)」「したたる(滴る)」「して(垂・四手)」「しとね(褥)」「しつか(静か)」「しちまふ(蹙まふ)」「しつ(賤)」「しとき(粢)

  
 

【(垂・下・末・沈)・賤】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」さま
 ●低いさま。卑しいさま。卑賎。卑賎の者。

『みことうけ きつむけかえる かみしつか まみえてほそち あつさたす』ホ40
『みたひのへ しつのすかたに くもかくれ きみさめいわく』ホ40
『たみにとふ あれはうむきと しつかはむ なますもよし』ホ40

 
「しつ(垂つ・静つ・沈つ
)」の名詞化。

変態:「した(下)」「して(垂・四手)」「しと(垂・湿・賤)
類語:「しも(下)」「すえ(末)」「すみ(隅)

  

10/02/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】