すす  スス  susu

  

【(添す・濯す・直す・清す)】
A: 合う/合わす。収(治)まる/収(治)める。直る/直す。

変態:「さす(止す・挿す・指す)」「しす(執す)」「そす(率す)
派生語:「すすく(濯ぐ)」「すせり(芹)」「すすな(菘)」「すすしろ(清白)

 
 

【(離す・濯す・棄す)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「しす(失す・辞す)」「すつ(棄つ)」「そす(濯す)
派生語:「すすく(濯ぐ)」「すせり(芹)」「すさ(疎・粗)

 
 

【(進す・繁す・騒す・荒す・鋭す・寿す)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「さす(誘す・捧す)」「しす(悉す)」「そす(過す)
派生語:「すさむ(荒む・進む・遊む)」「すすむ(進む)」「すし(鋭し)」「あすす(上鈴)」「いすす(至進)」「みすす(美寿)」「ゐそすす(至進・五十鈴)

 
 

【煤す・(垂す・退す・荒す)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

変態:「さつ(授つ)」「しつ(垂づ)」「しす(殺す・死す・弑す・叱す)」「そす(殺す・損ず・卒す)
派生語:「すそ(裾)」「すさむ(荒む・進む・遊む)」「すさ(疎・粗)

  
 

【進・鈴・寿・錫・篠】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・伸展成長する・栄る・熟れる」さま
 ●【進・鈴】6万年成長する木。=真榊  ●【鈴・寿】6万年。1鈴=1000枝=6万穂

『うゑつきは ふそひのすすの としすてに もふそよろなち ゐもふそに』ホ4
『ふそひすす ももふそゐゑた としきしゑ はつひほのほの いつるとき』ホ4
『ふそひすす ももふそむゑた としさなと やよいついたち』ホ6
『みよもゆたかに をさまりて やよろとしへて ふすふすす ゐもゐゑはつに』ホ6
『ことしふそよの さくすすお ふそゐのすすに うゑかえて』ホ8
『ふそゐすす こそみゑとしの さあゑなつ かくゑしほみて』ホ10
『ふそゐすす ももゑそひほに ひたかみの みくらのあとに』ホ11
『こたえとく すすはまさかき ほすゑのひ としにきなかの むよろほき』ホ13
『われみるすすき ちゑよたひ わかみもことし ふそよよろ』ホ15
『ふそゐすす ももゑふそやほ としさみと かしまのみやの ひとりひめ』ホ16
『ふそゐすす ももみそゑたの としさなと はるのはつひに』ホ192
『ふそむすす そむゑよそひほ としきやゑ やよいかすかの』ホ20
『ふそむすす そなゑふそみほ やよはつひ きよひとみこの みことのり』ホ21
『みまこににきね にはりみや つくはにをさむ としすてに みすすふちゐそ』ホ24
『ときふそこすす ゐものひゑ みそやきさらき ついたちと』ホ24
『ふよろやちへて みそすすの こよみなすころ くにのなも』ホ24
『みそふすす こもゑふそみほ うつきはつ わけいかつちの あまきみは』ホ25
『みすすのあいた しはらくも やすまてたみお たすゆえに』ホ25
『みそむすす みそよゑみそや やよいもち わけいかつちの あまきみは』ホ26
『かれなからえて そよすすの よわひうかわの みやほめて』ホ26
『ときよそふすす やもゐそゑ きわとしねうと はつきよか』ホ27
『さくすすなれは うえつきて なすすおよへと なおゆたか』ホ27
『よそこのすすの こもそひゑ はつほきあゑの はつみかに こやねもふさく』ホ27
『ときにあまきみ われおもふ そみすすをいて たねあらし』ホ27
『これのさき かもたけすみと いそよりと そみすすまても こなきゆえ』ホ27
『ひたしてよはひ そよすすに たらちねともに かみとなる かあひのかみそ』ホ27
ゐそすすの ちゑのはたとし あめかわる こよみまたとて ものぬしか』ホ28
『このすすは あめつちひらく とこたちの みやのまさかき』ホ28
『ひたかみの たかみむすひの うゑつきの ふそひのすすの ももゑのち』ホ28
『ときふそひすす もふそゐゑ みそひきしゑの はつひのて』ホ28
『ふそむのすすお われうゑて のちのふそゐも みことのり うけめくりうゆ』ホ28
『あるしとふ すすなえありや かつてなし ておむなしくす』ホ28
『つついすす ももゑふそやほ ほつまくに かしまのみやの』ミ逸

 ●【進・鈴・齢・寿】進展。成長。熟成。年齢。永らえ。寿命。 =よはひ(齢)ほき(寿)

『しかれとちちは すすよそほ はははみそひほ あめのふし』ホ3
『こたえとく すすはまさかき ほすゑのひ としにきなかの むよろほき』ホ13
『いきのうち ほしおはなるる これはすすかそ』ホ13
『はたれまの たからあつめて すゑきゆる これすすくらそ』ホ13
『けにもよれとも むかしあり よろすすもへり』ホ23
『もとせより またよろにます これすすお むすふかみなり』ホ23
『またさるた むかしさつくる さかほこき うつくしきすす わいきたち』ホ28
『ときかすか ややえみいわく こよみなお あすすとせんや』ホ28
『いせいいの たかひおかわに すすととむ たかみやつくり しつめます』ホ36

 ●【錫】延性・展性に富む金属。 

『やまにうつほの とほりなる あらかねのあわ すすなまり』ホ15

 ●【篠・薄】繁茂するもの。
 

「すす(進す・寿す)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・伸展成長する・栄る・熟れる」などの意。

変態:「じゅず(数珠)」「ささ(笹・篠)
類語:「まさかき(真榊・真賢木)

 
 

【煤・薄・(小々・細々・末々・下々・隅々)】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま
 ●【煤】くす(屑)かす(滓)。 ●【小々・細々・末々・下々・隅々】小さいもの。細いもの。切れ端。末端。

『あめにつくれは ををんかみ たまふかたすす わらひなわ』ホ8
『もすそのくすに やふるゆえ すすくすもちい これおたす』
ホ28
『へのつるの すすにうるほす をうなむち みやもふくしも つくみしのはな』フへつる

 
「すす(煤す)」の名詞化。

【篶・篠】スズ −広辞苑より−
1.細い竹。小竹。すずだけ。
2.細いたけのこ。すずのこ。

変態:「そし(外・疎)」「すそ(裾)」「そさ(疎)」「そと(外)」「そて(袖)」「さと(里)」「さた(佐太)」「した(下)

  

10/06/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】