すすき  ススキ  susuki

  

【(進優き)・鈴木・寿木】【鱸】
正の方向に離れるさま。 生育。成長。進展。発展。
 ●成長発展する木。 =まさかき(真榊)

『われみるすすき ちゑよたひ わかみもことし ふそよよろ』ホ15
すすきはよわひ はたとせの のひもこのきの あのいのち』ホ28

 
すすく(進優く・繁々く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「進展する・成長発展する」などの意。
また「すす(進・鈴・寿)」+「き(木)

変態:「ささき(佐々木)」
類語:「さかき(榊)」「まさかき(真榊)」「むよろほき(六万穂木)」「よわひ(齢)
すす(進・鈴)

 
 

【(繁々き)・薄・芒】
正の方向に離れるさま。繁茂。繁栄。

『そのことのねは いさなきの かきのかたうつ いとすすきホ9
『ものぬしか たちにおわれは すすきしま おもむろおさめ たけふかみ』ホ28
『むかしさすらい ことおひく ときにあられの すすきうつ』ホ28

 
すすく(繁々く・栄々く)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「ささけ(捧げ)」
類語:「ささ(繁々・騒々・早々・壮々・笹・篠・小竹)」「やさか(弥栄)」「いすき(弥栄)」「たけふ(健生・竹生)
派生語:「いとすすき(糸薄)

 
 

【濯ぎ】
B: 離すこと。放つこと。払うこと。除くこと。
A: 合わせ。(逸脱・曲りの)直し。調え。調和。

『のちにわかひめ ひたるとき やくもゐすすき かたかきお ゆつることのね』ホ9

 
すすく(濯ぐ)」の名詞化。
ここでは「B: 離す・放つ・払う」、またその結果「A: 合わす・調える・直す」などの意。

変態:「そそぎ(濯ぎ)」「すすか(清か)
類語:
「ゆすき(濯ぎ)」「いすき(濯ぎ)」「みそき(禊)」「せみ(清み)
派生語:「ゐすすき(五濯ぎ)

  

09/12/07

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】