よわひ  ヨワヒ  yowahi
よわい  ヨワイ  yowai
よはひ  ヨハヒ  yohahi
よあひ  ヨアヒ  yoahi

  

【(熟栄)・齢・歯】
1.経過。進捗。進展。熟成。展開。老い。
2.世における進展。生きて経過した時間。永らえ。寿。命。

『みけかさなれは よわひなし ゆえにをんかみ つきにみけ にかきはほなや』ホ1
『よろのよわひの みことひこ ややちよたもつ たみもみな』ホ14
よあひたもちて あにあかる ときはたのしみ まかるなり』ホ15
『ふたかみの みよのよわひも やすらかに をうみのたかに ゐまさんと』ホ191
『ときものきれは よつきなし たみのよわひも やよろなれ』ホ23
『つるきとは つはきのよはひ あにつきて かれるあのつそ』ホ23
『みこふたかたに みことのり われよはひおい ひたるゆえ』ホ24
『みそひよろとし をさむれは よはひもをいて あのひつき』ホ26
『そよすすの よわひうかわの みやほめて しらひけかみと なおたまふ』ホ26
『ひたしてよはひ そよすすに たらちねともに かみとなる かあひのかみそ』ホ27
よはひもおひて はやきしの たかにつくれは おとろきて』ホ27
『すすきはよわひ はたとせの のひもこのきの あのいのち』ホ28
『あのいのち かすかもよわい なかけれは これなつくへし』ホ28
『ふたゑにいわく わかよはひ きわまるゆえに かんおちお なんちにさつく』ホ28
『みとせのち とよすきよはひ ももみつて みつえならすと みならわせ』ホ36
『やまとひめ ことしももやつ よろこひて よはひいたれは われたりぬ』ホ38

 
「よはふ」の名詞化。
「よわふ」は「よふ(熟ふ)」と同義語「はふ(栄ふ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・進展する・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「いわひ(祝)」「うやゑ(弥栄)」「やよい(弥生)
類語:
ことふき(寿)」「ほき(寿)」「すす(寿・鈴)よろとし(万歳)」「いのち(命)」「なからえ(永らえ)」「をひ(老い)
関連語:
「よぼよぼ」よみ(熟み)」「はえ(栄え・映え)

  

10/01/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】