よろとし  ヨロトシ  yorotosi

  

【万歳・万年】
1.進展。成熟。熟れて至るさま。成就。完成。寿。

『きなふよろとし きみいわひ けふまたかわる みやうつし』ホ20
『みことのり さたまるうえは よろとしお いはひてのちの みゆきこふ』ホ26
『ととせにたみも にきはひて よろとしうたふ』ホ27
『みもはかり よろとしみちて ゐもつきの あめのまさかき』ホ28
『きみとみもとの しとねしく とみももつかさ ことほきし よろとしうたふ』ホ30

全部見る 

2.1万年。長い年数。 =よろほ(万穂)

『やよろとしへて こゑうちの いさわのみやに をわします』ホ序
『むそよろとしの よおしりて いかつちわくる いつのかみ』ホ序
『ももなそよろの としおへて もとのひのわに かえまして』ホ序
『これにより たみおさまりて むよろとし つくはのみやに うつります』ホ21
『こころゆきすく かみのよは ますよろとしの ことふきも』
ホ23

全部見る 

 
[1]
「よろとす」の名詞化。
「よろとす」は 「よる(熟る)」と同義語「とす(達す)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・高・央・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・至る」などの意。
[2]
よろ(万)」+「とし(年)
 

類語1:「ことふき(寿)」「ことほき(寿)」「すす(寿・鈴)」「いのち(命)」「よはひ(齢)」「なからえ(永らえ)をひ(老い)
類語2:「よろほ(万穂)」「よろすす(万鈴)」「よろのよわひ(万の齢)」「よよ(万齢)

  

09/12/20

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】