さと  サト  sato

  

【里】
1.分割したものの一。区分。区画。 あるものを中心とする一区画。
2.下にあるさま。下部構造。
  ●(上・中心・都に対して) 下。末。隅。端。周辺部。いなか。
  ●(山に対して) 低地。平地。 (高み・山などの) 麓・裾野。
  ●統治者(頂点)が治める知行地。●県の下部組織。や村。

『しつかにゐます きしゐくに たちはなうゑて とこよさとホ5
『ここちかすかと さとのなも をきなかもりも たまわれは』ホ8
『あがたもり さともるひこも それたけの むろもあらかも おなかなり』ホ13
『つちははにみつ かつはには やまさととなる』ホ15
『やもとほり こゑくにのかみ をこのさと こかひゑるなり』ホ24

全部見る 

3.発した所。起った所。故郷。

『まさたねならは うむときに さけとちかひて ここにうゑ さとにかえます』ホ24

4.距離・面積の単位。1里 = 36 = 360 = 12960歩 ≒ 3.9km。

『きくつねお みさとのあみお のにはりて みなおひいれて たまつなき』ホ8
『きみよおこめて とさときて にはりわたりは かきくもり』ホ21
『みねにふるゆき いけみつの すえこちさとの たとなりて』ホ24
『めのみそむふむ せはといき ももいきはまち みそむさと さとみそやなり』ミ6

  
さつ(離つ/下つ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・分れる・区切る・発す・起る」、また「E: 負の方向 (上→下・中心→端) に離れる」の意。

変態:「した(下)」「そと(外)」「そて(袖)そし(外・疎)すそ(裾)」「そさ(疎)」「すす(煤)
類語:「の(野)」「しも(下)」「すえ(末)」「すみ(隅)」「はし(端)」「はた(端)」「はて(果て)

 
 

【佐渡】<地名>
(本土から)離れるさま。孤立するさま。 =こしま(孤島)

『いよあわふたな おきみつこ つくしきひのこ さとうしま』ホ3
さとにわたりて あらたなす こしにもとりて いせきなすかな』ホ24

 
さつ(離つ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・分れる・隔たる」などの意。

変態:「そと(外)さた(佐太)」「そて(袖)」「そし(外)

  

10/03/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】