かたすす  カタスス  katasusu

  

【(葛末々・葛煤)】
葛の蔓。

『あめにつくれは ををんかみ たまふかたすす わらひなわ』ホ8

 
かた(葛)」+「すす(煤・末々)
「すす」はここでは「末端・先端・延長」などの意で「蔓」を意味する。

類語:「すすくす(煤葛)

昔ハタレを 破らんと 禊なす時 神の裳の 岩に懸かりて ひた引けば 滝落ち下る サクナダリ 天に祈れば 屑流れ 蛇 足を噛む 追い詰めて 留まるで 括り棄つ
裳裾の屑に 破る故 末々葛 用い これを治す シムミチ 破る 器 得る    
ホ28

  

09/07/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】