トシタ

→ 語義
  

ト下。
トの尊の流れを汲むさま。
  

『これいまハラの 宮の名も ト下と言いて 代々の名也』ミ6文

  

  

トシタクニ

→ 語義

  
ト下国。
トの尊の流れを汲む国。
ハラミ山麓を中心とするホツマ国
 

『神 元明に 還えますを 御祖 言宣り 星となす 天に篝りて の一つ 故にト下の 和の宮ミ5文
地球八方に 万子生み 果つにヲウミの 兄弟の子の 兄御子 上に継ぎ ヲウミ治す 弟御子の統む ト下国ミ6文

  

  

トシタアメミヤ・トシタミヤ

→ 語義

  
ト下和宮。ト下宮。
トの尊の流れを汲む地に、新たに建造したアマテルの都。ここに即位してヤスクニ宮とする。
別名:ヤマトヤス宮・太山下日高みの和国の宮・還和国の宮
  

ト下和宮 還の道 身を全くして 永らえり』ミ4文
『和照らす 君を還道に 永らえと 太陽山下の ト下宮 新に造りて 悉 成るを』ミ4文
二十一鈴 百二十六枝 年サナト  三月一日 日の山下 新宮造り 陽陰御子は ヒタカミよりぞ 移ります』6文
『これは 還和国の 宮に坐す これはその上 トの尊 百ハカリ治む 身を洞に』ミ5文
『神 元明に 還えますを 御祖 言宣り 星となす 天に篝りて の一つ 故にト下の 和の宮ミ5文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】